申告奉行クラウド(内訳書・概況書編)


導入シェアNo.1 中規模企業向けERP ミック経済研究所

クラウド&リソース拡充で刷新図る
『基幹業務パッケージソフトの市場展望2019年度版』ミック経済研究所調べ

導入シェアNo.1 中堅企業向けERP ミック経済研究所

クラウド&リソース拡充で刷新図る
『基幹業務パッケージソフトの市場展望2019年度版』

申告奉行クラウド 3つの特長


01
財務データをリアルタイムに連携
勘定科目内訳明細書や概況書のもととなるデータを奉行クラウドや他システムから連携することで、内訳書・概況書作成を自動化し、手作業を大幅に削減できます。
02
電子申告で手間なく自席で完結
電子申告に対応し、e-TAXとシームレスに連携するため、社内で一連の業務を完結できます。また、申告奉行クラウド[法人税・地方税編]と一緒に使えば、申告に必要な帳票をまとめて電子申告できます。※対応予定
03
社内メンバーと一緒に使い、業務分担もスムーズに
クラウド上で複数名で同時に業務を進めることができるため、複数名でチェックを行う場合や役割分担など、スムーズに業務を行えます。

内訳書・概況書作成を自動化し、
申告業務全体の生産性を向上します。

24時間、どこからもアクセス可能
クラウドサービスなので会社・外出先・自宅など、時間や場所にとらわれることなく利用できます。
サーバーレスで、メンテナンス不要
サーバーレスで初期コストをおさえて導入が可能です。管理運用の負担なく、日々の業務に集中できます。
自動バックアップで手間なく
データ保護

お客様のデータは、複数のことなるホストに、3重に冗長化して保安され、日々のバックアップ作業が不要となります。
プログラム自動更新で常に最新
常に最新のプログラムに自動更新するため、バージョンアップコストや運用管理の負担はございません。 制度改正やOS等のIT変化にも、手間なく・確実に対応することができます。

法人税申告に必要な勘定科目内訳書や概況書作成を自動化する
充実の機能をご用意しています。

内訳書・概況書作成の生産性を向上

内訳書・概況書作成

  • 会計データ自動連携
    • 会計データを勘定科目内訳明細書に自動連携
  • 内訳書レイアウト調整
    • わずか数クリックでレイアウト変更が可能
  • その他明細の自動判定
    • その他に集約できる明細を自動判定
  • 概況書入力
    • 実際のイメージを見ながらかんたん入力
  • 法人税申告システム連携※対応予定
    • 法人税申告書とまとめて電子申告が可能に

他の奉行クラウドとデータを自動連携できるため、
二重入力やデータ連携の手間がなくなり、さらに業務の生産性が向上します。

財務会計
合計残高試算表や補助科目内訳表などのデータを申告書にシームレスに連携できます。連携された項目から自動計算されたデータが初期表示されるため、手入力を大幅に削減し、より正確でスピーディな業務を行えます。
法人税・地方税申告業務※対応予定
勘定科目内訳明細書や事業概況書を連携し、申告書と合わせて電子申告することができます。
固定資産管理※対応予定
固定資産奉行クラウドで作成した資産台帳のデータを内訳書に連携し、固定資産の内訳書作成を自動化します。

動作環境

⽇本語OS※1 Windows 10/Windows 8.1
対応ブラウザ※2 Internet Explorer 11/Microsoft Edge/Chrome
インターネット接続回線※3 光回線を推奨※4
必要なソフトウェア※5 .NET Framework 4.6.1 以降
周辺機器等 上記OSに対応した、ディスプレイ・マウス・キーボード・⽇本語変換システム
解像度 1366×768 以上を推奨

導入後も安心。万全のサポート体制をご用意しています。

業務に精通した専任スタッフが、お客さまのお問い合わせに迅速に対応できる体制を整えています。
操作や設定方法はもちろん、業務に合わせた運用方法まで、わかりやすいご案内方法で、疑問や不明点をすばやく解決します。

OBCの「リモートサポート」
遠隔で同じ画面を操作しながらご案内。電話やWEBなどではなかなか伝わりづらい集計条件、見ている数値などを画面でやりとりできるので、問題を早期に解決できます。

タイトルとURLをコピーしました